ブックメーカーとは本を作るサービスなのか?

いいえ違います、日本ではまだまだ認知度が低いので仕方がないですが、ブックメーカーとは欧米で盛んに行なわれているカジノのような合法なギャンブルの形態に対する呼称です。

賭ける対象はスポーツや学生同士の試合、天気予報や選挙など、要は勝ち負けと言える状態になる物は何でも対象としています。
イギリスの皇太子様の子供の名前を当てるとか、生まれて来る子供の性別当てとかは日本でも報道されていました。
本当に言葉通り、何でもありな状態と言って良いですね。

日本からどうやって参加するのかと言えば、ネットです本当に便利な世の中になった物だと思います。
お金のやりとりは海外のオンラインバンクに登録する事で行ないます。
日本ではネット銀行と呼ばれていますね。

それからブックメーカーをやっている会社に登録する訳です。

日本で行なわれている合法な物では宝くじやパチンコ、競馬等ありますがブックメーカーの特徴は胴元が受け取る比率の低さです。
宝くじは胴元が6割近く持って行きますがブックメーカー会社は5パーセント程と非常に低いんです。
その分、掛け金が買った人に多く渡される訳ですからその分お客さんは得なんですね。
勝てば、の話なのは言うまでもありませんが。

英語が出来ないから無理だ、と言う人でも実は日本語対応してる会社もあるので大丈夫です。
ネットでも日本語で解説してるサイトはいくらでも出て来ますからしっかり勉強すれば問題ありません。

賭ける金額も最低額が20セント程なのでしっかり自制して使う分には大損する可能性も低いと言えます。
勿論何でもかんでも賭けて、負ければ負けるほど金額を上げて一発逆転しよう、なんてする人はその限りではありませんから気を付けましょう。

Comments are closed.