ブックメーカーって違法じゃないよね?

ネット上のサイトを利用し、あらゆる賭け事を楽しむ事ができるブックメーカー。主な賭け事の内容は、スポーツが多く、その他でも、賭ける事ができるようなものは、色々と賭ることができるサイトになっています。そこで、気になる事が違法性です。日本では公営ギャンブル以外の賭け事は禁止になっているため、ブックメーカーも違法ではないのか!と思う人も少なくはないと思います。
しかし、結論から言うとブックメーカーは、現在の所、違法ではありません。なぜなら、サイトを利用して行う賭け事に関しては、賭けをしている国の法律ではなく、そのサイトを運営している国の法律の下行われているからです。その為、運営サイトがある国が、このような賭け事を許可していれば大丈夫なのです。そして、そのサイトを公営ギャンブル以外の賭け事を禁止している国の人が利用しても、法的に罰則されるような事はないという事なのです。
簡単に言えば、日本人が海外のラスベガスなどのカジノで遊んでも、一切罰せられる事はありませんよね。ブックメーカーも同じことで、自宅のこたつの中であろうと、ブックメーカーの中は、海外のギャンブル上と言う考えをする事ができるのです。
ブックメーカーのサイトの中には日本のスポーツも賭け事の対象になっている事もあるので、そのサイトで身近な日本のスポーツの賭け事を楽しんでも一切、違法になる事はありません。実際、ブックメーカーを利用しないで行うと違法になってしまいますが・・・。

ブックメーカーは人気?

ブックメーカーの発祥はイギリスとされているのですが、ブックメーカーが盛んであり人気である理由はお国柄のようなところがあります。
イギリスの人たちは、スポーツ観戦が好きであり熱狂的なところがあるため、サッカーだけではなく、様々なスポーツへの関心や興味が強いです。

そのためブックメーカーで応援しているチームや好きなスポーツで賭けをする事で、より一層盛り上がり楽しめているという事です。
様々な事が賭けの対象となっているために、日常生活が楽しめていて、なんてことの無いスポーツ中継でも熱狂できるという刺激になっています。
そのため、イギリスの国民が気軽に賭けを楽しんでいるという状況があり、日本のパチンコやギャンブルのようにネガティブなイメージは無いのです。また、国が認可している事、公平性が保たれているという信頼性の上で成り立っていると言っても良いです。

ブックマークが人気の理由は、あらゆるスポーツを対象としている点にあります。応援をしている気持ちを込めつつ、ベットして勝った時には、お金が入ってくるという点が分かりやすく浸透しているようです。
また、生中継をネットで配信している事があり、臨場感を味わいつつ楽しめているようです。エンターテイメントとしての楽しみだけではなく、投資の一つとして様々に開発されています。すごいところは、ブックメーカーで生計を立てているプロもいるという事です。

ペイアウト率が高いという事もありますが、基本的な賭け方などをマスターすることで楽しむこともできますし、本気で投資する事もできます。

ブックメーカーとは本を作るサービスなのか?

いいえ違います、日本ではまだまだ認知度が低いので仕方がないですが、ブックメーカーとは欧米で盛んに行なわれているカジノのような合法なギャンブルの形態に対する呼称です。

賭ける対象はスポーツや学生同士の試合、天気予報や選挙など、要は勝ち負けと言える状態になる物は何でも対象としています。
イギリスの皇太子様の子供の名前を当てるとか、生まれて来る子供の性別当てとかは日本でも報道されていました。
本当に言葉通り、何でもありな状態と言って良いですね。

日本からどうやって参加するのかと言えば、ネットです本当に便利な世の中になった物だと思います。
お金のやりとりは海外のオンラインバンクに登録する事で行ないます。
日本ではネット銀行と呼ばれていますね。

それからブックメーカーをやっている会社に登録する訳です。

日本で行なわれている合法な物では宝くじやパチンコ、競馬等ありますがブックメーカーの特徴は胴元が受け取る比率の低さです。
宝くじは胴元が6割近く持って行きますがブックメーカー会社は5パーセント程と非常に低いんです。
その分、掛け金が買った人に多く渡される訳ですからその分お客さんは得なんですね。
勝てば、の話なのは言うまでもありませんが。

英語が出来ないから無理だ、と言う人でも実は日本語対応してる会社もあるので大丈夫です。
ネットでも日本語で解説してるサイトはいくらでも出て来ますからしっかり勉強すれば問題ありません。

賭ける金額も最低額が20セント程なのでしっかり自制して使う分には大損する可能性も低いと言えます。
勿論何でもかんでも賭けて、負ければ負けるほど金額を上げて一発逆転しよう、なんてする人はその限りではありませんから気を付けましょう。